© 2015 by Chiharu Nikaido

May 12, 2016

ROOM237のために、「シャイニング」を観直してみました。

昔この映画を夜中に一人で観て、まだ若かった私は、あまりの恐怖に途中で止めてしまった。

続きは真っ昼間の、お母さんがキッチンでお昼ごはんの準備をしている時に観たのが懐かしい。

そうしないと、リビングの扉が開いて、血がドバドバと流れてくるんじゃないかって、

廊下に双子がいるんじゃないかって、風呂場からセクシーな女の人が出てくるんじゃないかって、

想像が止まらなかったので、平和で仕方ない時間に観るしかなかったのです。

 

ただ、大人になった今でも、やっぱり怖かった。

何が怖いって、音が怖い。ミュートで観れば、もしかしたらホームドラマに観えなくもない。

ゾンビだとか海外の幽霊(日本のはからっきしダメですが)だとかって全然大丈夫なのですが、なぜかこの映画はダメです。ただ昔とは違って怖くて止めることもなければ、ちゃんとあれこれ考えながら観れるようにはなりました。成長したみたいです。

 

ラストも知ってるし、どうなっていくかという流れもわかっていながらも、改めて観ると細かい部分の恐怖とかに鳥肌が立ってしまう。それとファッションと内装の素...

February 14, 2016

デヴィッド・ボウイの映画の話。

 

ここのところ、立て続けにボウイさんが出演している映画を観ました。

亡くなってから、我が家ではボウイさんの音楽や映像が流れっぱなしでした。

旦那さんが大好きなアーティストということもあって、大体のものは家にある、と勝手に私は思っています。旦那さんに質問すれば大体のことは答えてくれる。私にとっての知恵袋と言ってもいいくらい。

 

で、そんな旦那さんが、ボウイさんが亡くなってから買い足したDVDがあります。

それが「ラビリンス」と「ハンガー(映画)」、「ザ・ハンガープレミアム(オムニバス。ボウイさんは第1話、全話のホスト役で出演)」。

 

「ラビリンス」では魔王に扮して、なんともファンタジー感満載な映画でした。

子供でも楽しめる、「地球に落ちてきた男」とは正反対の映画。

マペット映画の巨匠、ジム・ヘンソンが監督。

映画の内容はまあ置いておいて(省略しますが、しっかり楽しめますた。)映画の後にあった特典映像のほうがワクワク感が大きかったです。撮影風景、というかマペットができるまでだとかが収録されているのですが、まあすごい。あれを観ると、頭の中で劇中のマペット...

January 4, 2016

新しい年が始まりました。

今年の小さな目標は、観た映画は全て記録に残す!ということです。

つまり、このブログを頻繁に更新しよう、ということです。

映画だけでなく、イラスト作品ももっともっと作っていきます。

3日坊主にならぬよう頑張ります。

 

早速ですが、年始に観た映画について。

昔から知っていたけれど、1ミリも内容は知らなかった映画「ラン・ローラ・ラン」。ドイツ映画です。

キャッチーなジャケットだったのでずっと記憶にありました。

赤髪の女の子が走っているジャケット。映画のタイトル通り、ローラが走っているジャケットです。

 

ヒロインのフランカ・ポンテ、女性らしすぎない顔でどっしりとした下半身、ベタベタの髪の毛(事実撮影中はヘアカラーのせいで髪を洗えなかったそうな)、ババくさいブラジャーとヨレヨレのタンクトップがよく似合っておられました。

あれをハロウィンにコスプレするのもいいなと思いましたが、10月にヘソ出しは寒いですね。

見たことありそうだけど特に覚えていないこのお方、調べてみるとどうやらボーン・スプレマシーのヒロインやっていたんですねー。全然ピンとこないけれど。アメリカン・ホラー・...

November 28, 2015

昨日の夜、正確には今日の0時、仕事がひと段落つき、さあこれから何しようと思っていたのですが旦那さんは夢の中。明日は朝からの予定は特になし。ということは、この時間からでも映画を観れる!と思い、早速huluに入れている、溜まっていたマイリストから「アンコール!!」をチョイス。老人たちの合唱団と、気難しい老人アーサーのお話。

この邦題、なぜ半角ビックリマークが2つなのか。普通のメールでもあまり使わない半角のビックリマーク。なぜなのか。原題のSong For Marionでいいじゃん、と思いましたが、まあ、打ち出しやすい、わかりやすいタイトルを付けるのはしょうがないことですし、夜中ですし、誰がこのタイトルを付けたとか調べだすとキリがないので置いておきます。

 

 

主人公はテレンス・スタンプ。このお方、あの「プリシラ」のバーナデット役!あの映画大好きです。「プリシラ」を思い浮かべるたびに、「愛はかげろうのように」が頭に流れてきます。

そしてそして、最近観た「イエスマン」の、教祖(うまい言い方が思い浮かびませんでしたが)です。あの映画では同じ役名、テレンスでしたね。あのブログでもテ...

November 25, 2015

見てきました。ホスフェス!@新木場STUDIO COAST!

生で観たくてしょうがなかったバンド、MYSTERY JETSを。

彼らが一番の目当てでしたが、Christopher Owensも、曲を聴けば聴くほど楽しみになっていました。

 

とりあえず、聴いた順番に音楽素人な私の勝手な感想を書き残しておこうと思います。

 

クリストファー・オーウェンス。初日の、一番最初に観たアーティストでした。

ガールズのアルバムも聴いてはいましたが、2015年に出した「Chrissybaby Forever」がなんだかとても気に入ってしまって、それを何度もリピートしていました。

しかもこのアルバム、ジャケットがガールズの頃のレイアウトに似ている。あのシンプルなデザインが大好きだった私にはちょっと興奮するレイアウト。中身もなんだかガールズのALBUMの頃のようなキラキラギャンギャンしているような。気のせいかしら。だから、ジャケットのデザインもあれに近しいレイアウトにしたんじゃないかしら、なんて考えていましたが実際はきっと違うでしょう。

彼が登場してきてすぐ、ファッション、表情、仕草すべてに後光が...

September 29, 2015

モンスター上司、毎度おなじみの大好きなフレンズのレイチェルが出ているので見たかった作品です。

冒頭から、SPOONの曲が使われていて、「旦那さんと観ればよかったなあ」とちょっと後悔。一発目のサントラが良いと、勝手に期待しちゃいます。(ファニーゲームUSAみたいなもんは特例ですが)

 

ストーリーは、それぞれ嫌な上司を持った男友達3人組が、あいつらどうにかしたいよなって事から、なんだか話がうまいこと進んでっちゃって、最終的には気持ちいい感じで終わる系でした。

とにかく出ているキャラクター全部が良かったです。やっぱりコメディには、わかりやすいキャラクターが必要不可欠ですね。

その中でも、ヤクでぶっとんでる会社の社長のドラ息子役のコリン・ファレルは最高でした。

あの髪型は実際の髪の毛でやっているんだろうか…それだけが気になっています。

なんとも自然なハゲ頭で、ぺたりとおでこに撫で付けた、一見出落ちとも言える髪型で、ぶっとんだ役を楽しそうに演じています。

フォーンブースの時のシリアスな演技とは正反対です。常に眉毛が上に上がった表情をしていました。

ある意味キーパーソンの謎の黒人役(ジェイ...

September 18, 2015

最近、1ヶ月に2本くらいのペースで映画館へ足を運んでいます。

今の家へ越してきてから、映画館へ行くことが減っていた気がしますが、最近、ちょっと復活してきました。映画館熱。

昔は一人で、ボロい映画館へ行って、ミニシアター系を観たりもしていましたが、会社員になるとなかなかそういうことができなくなっていました。

フリーになった今、またそういうことをしていきたいなーなんて考えています。

とはいえ、最近はhuluに入ってしまったもんだから、毎週2〜3本の映画を気軽に観れてしまっています。

確実に元を取れています。ただ、やっぱりミニシアター系のだったり、ちょっとマイナーなスプラッターなんてのは外へ借りに行かないとないのが残念なところ。だからそういったジャンルから遠ざかってしまっている気がするけれど、逆に言えば、いままで避けてきた「大ヒット上映中!」とCMでガンガン流れるような映画にも手を出せるようになってきた。

ミッション・イン・ポッシブルシリーズなんて、小学生の頃、スパイのかっこよさなんてよくわからないまま鼻をほじりながら洋画劇場で観ていただけだったけど、改めて全作観直すと、トム・ク...

May 18, 2015

記念すべき新しいブログの1つめの記事に、あえてthe officeを持ってきました。

もっと自己紹介とかをダラダラと書き綴ったほうがいいのかとも考えましたが、

Tumblrの延長の気分で新しいウェブサイトを立ち上げただけなので、あまり気張らず、いつも通りに思ったことを書こうと思っいます。

 

さて、タイトルにもあります「the office」とはなんぞや、と思う方がほとんどだと思います。私も全く聞いたこともありませんでした。

そもそもこれを知ったきっかけは、去年から入会したhuluでした。

これでもかと映画と海外ドラマを観まくっています。ハマってしまうと土日は全く出掛けなくなりそうになります。私がもしまだ独身で一人暮らしだったら、確実にそうなっていたでしょう。家事もせず、ただただテレビの前で奥様方の泥沼の様子を見届けたり、マンハッタンの6人の生活を眺めていたり、ゾンビに襲われた時の対処法を考えたりする毎日になっていたでしょう。いや、でしょうというよりも、もう半分はそうなっていました。頭の中には、映画やドラマの中の登場人物たちの顔がうごめきあっていて、普通に生活しているだけで...

Please reload

Please reload

Please reload