© 2015 by Chiharu Nikaido

June 2, 2016

生まれてはじめて、裁判の傍聴をしてきました。

霞が関にある、東京地方裁判所。

近寄ったこともない、私にとっては未知の場所です。

 

入館する時には軽く持ち物検査をされて、スーツをビシっと着た弁護士さんやら、なんだか偉そうな人たちばかり。

かくいう私はボロボロのスニーカーで汗だく。

なんとなく恥ずかしい気持ちを抑えながらも、さて、どうしたらいいものかとしばらくポカン。

どこに行けばいいのかもわからないまま、どうしましょうと受け付けあたりを歩いていると、何やらファイルをパラパラとめくってはメモをするお兄さんを発見。

どうやらそこには今日の裁判の日程がファイリングされているようでした。

出来れば刑事裁判が見たかったので、「刑事」と書いてあるファイルを見て、なるべく罪状が悪そ〜な事件を探してみました。

特定などされたらややこしいので、詳細はあまり書きませんが、どうやらニュースにもなった事件でした。

ただし、今回私が傍聴したのは初公判ではなく、審理だったので、弁護士と検察官が被告人にする質問などをヒントに、「ああ、こういう事件か!」という風につなぎあわせていかなくちゃなりませんでした。

あとから...

Please reload

Please reload

Please reload

Please reload