© 2015 by Chiharu Nikaido

賛否両論

December 20, 2015

映画のお話。

スター・ウォーズシリーズのエピソード1と3を借りに、近所のレンタルショップへ。

ついでについでに、と色々と作品を見ていると、新作コーナーに「パージ」というものを発見。

ジャケットの仮面が不気味だし、何よりイーサン・ホークが主演!彼が出ているなら安心でしょう、と

早速観てみました。

ちなみに他にはジョー・スピネル主演のマニアック、旦那さんはジミヘンとジェームズ・ブラウンの映画をチョイス。

ついこの間、友人とご飯を食べながら、「イーサン・ホーク、いいよねえ」なんて話したばかりだったので、自分の中でリアルタイムな俳優さんだったのです。

顔だけでいうと、好みではないし凄まじく男前ってわけでもないのに、なぜか惹かれます。それは多分、ビフォア・サンライズで観た繊細な演技が素晴らしすぎたのか、はたまたガタカで観たしっとりとした力強い演技にやられているのか…、一歩間違えればケヴィン・ベーコンのような顔になりかねないのですが、本当に味のあるいい顔をしてらっしゃる。(ベーコンさんにとっても失礼ですね)

 

それでです。

そんな「良い俳優」が出ていた「パージ」がですね。

「これ面白いし、ちゃんと作った映画だよ!」な服を着た「うんこみたいな映画」だったのです。

全然いい意味じゃなくて。

これは、この映画めっちゃ面白かった、という人もたくさんいると思うので…あくまでど素人の個人的な意見だと思って聞き流してください。

実際にこの映画、アメリカで大ヒットして続編まで決まっているそうな。

うーん、続編、どうなっているのか観てみてもいいか、いやでも映画館では観るまい。多分。

 

ストーリーとしては、すごく面白そうだったのです。

「1年に1回、どんな犯罪を犯しても罰せられない日」がある未来のアメリカが舞台です。

設定は面白そうだな、どれだけひどい殺しを観れるのかな☆なーんて思っていたら、全くもってオリジナリティがない。

イーサン・ホーク(もう役名も忘れた)一家は、完璧な防犯で我が家は絶対大丈夫!かんぱーい!みたいな金持ち一家だったのだけれど、その息子と娘がバカながきんちょで、ただただイライラさせられる。

そいつらのせいで、防犯は無意味に、そんでもってバカ息子が匿った黒人のせいでパージ大賛成派の若者達に「獲物を返してくださいまし」と言われちゃう。

その若者達、ジャケットにもなっていた仮面をかぶっていてゲラゲラ笑ったり味方をパン!と殺しちゃったりで気狂いぶっているのですが、なんともまあそれがさぶいことさぶいこと。

ありがちーーーな演出で、なんにも怖くないし、「うわあなんかこれよくあるキャラやん」っていう。

中学生が描く漫画にそのまんま出てきそうな、優等生な格好でニコニコしながら「殺すよ?☆」とか言ってる感じです。恥ずかしいです。

で、そいつが超弱い。結果的にイーサンを刺したけれども。いやそれにしてもあっけなく死ぬ。もうダサイったらありゃしない。

他の気狂いぶっている女や男もパタンパタン殺されちゃう。さっきまでの「みな殺しだあひゃっはー」な感じどうしたのよ。イーサン1人に何人殺されてんねん、ていう。

一応奥さんもいるんだけど、まあ、特に、最後ちょっと面白い攻撃するくらいで特に…夫婦間になにか問題があるのを匂わせておきながらも特に何も起こらないし、匿ってしまった黒人を若者達に引き渡そうとする夫を「しょうがないわ、やるしかないわね。。」と手伝っておきながら「やっぱりこんなの間違ってるぅぅぅっぅ泣」となったかと思えば、「やっぱりやっぱりアナタが正しいわあああ!大泣」だって、やかましいわ!そんでもって結局「なんで殺し合うのよ!!平和に過ごしましょうよぼけえええ!」って顔面をテーブルに叩きつけちゃうし。何がしたいんですか、と。

将来のアメリカ、というか、今のアメリカに対して皮肉でこれが作られたんだかなんだか知らないけれど、どうも薄っぺらくてしょうがない。広告はかっこよく作っておいて、中身を開けたらあのスカスカおせち、そんな気分だった。

観終わって、旦那さんと苦笑いをし、「イーサン・ホークはなぜこの仕事を受けたのか」という話をしたくらい。

褒め言葉じゃなく、本物のC級映画でした。

続編では誰が犠牲になるのだろうか…いろんな意味で…

 

 

 

 

Please reload

Please reload

Please reload

Please reload