ぬすみ聞きブログ:「訴える人々」

記念すべき第一人々! いつものカフェで隣に座ってきた人々。 その日は昼下がりということもあって、お客さんはチラホラ。 壁際のテーブル席の、比較的ゆったりとした席に座った3人組のおじさんたち。 1人は強面の大柄なおじさん。 他2人は、まあありがちな「ザ・サラリーマン」といった風なおじさん。 なんででしょうか。40〜50代の人たちって、あんなに声とくしゃみが大きいんでしょうか。 女子高生くらいの声の大きさ。何を喋っているかはっきりと聞き取れるくらい。 今回のテーマは「裁判」らしいです。 最初は面白い話をし始めたぞ、なんてワクワクしながらぬすみ聞きをしてました。 聞いたことのある企業名がズラズラと出てくる。 「あの、例のは…」なんて、ドラマで出てくるようなフレーズ。 続いて、 「あ、社長のテープは入手しました」 「じゃあ、それを証拠に使いましょ」 なんて盛り上がる3人。ワイワイキャッキャと、書類を見せたりスケジュール確認したり。 まるで、夏の旅行を決める女子大生たちみたい。 その直後、また新しい企業の名前が。 そこでびっくり、その会社は私の知り合いの会社でした。 ちょっと待って、と。それ、その人私知り合いなんですけれども、と、冷や汗を流しながら冷たいコーヒーをすすって、さらに耳をおじさんの方へ近づけます。 「警察のほうはどこまで進んでいるんですかね」だとか、 「裁判所は○○に送ってるんですかね、あの…」だとか。 なんだか人事とは思えなくなってきて、すぐに母に連絡。 今思えばいつもこのカフェに居る時は家族と連絡を取っている気がする。 すると冷静に「そんな大事な話、カフェでするかしら」と

ぬすみ聞きブログを始めます。

今朝、久しぶりに朝早くから近所のカフェへ行ってきました。 そこは禁煙だし、家からものすごく近いわけでもないのですが、コーヒーが大きいのとまずくないのと、ホイップの量が多いのと、禁煙した方がいいかな、とふと思った時用に、とてもいいカフェなのです。 そして何より、お客さんが全然いないのが魅力的。さすがに昼時になると、ちょこっとガヤガヤするのですが。 そこそこ広い地下のフロアで、いつも端っこの席に座ってパソコンを付けて仕事をしたり、勉強したり、読書をしたり。なんとも言えない「ちょうどいい暗さ」が心地良いのです。 そこではたまに「珍客」に遭遇することが有ります。 というか、今までお見せに行くたびに出会っている気がします。 お客さんが少ないから、それぞれの会話が嫌でも耳に入ってくるのです。 イヤホンを付けて音楽を聞いてもいいのですが、なぜかそのカフェに来る人々は、へんてこな会話や気になる会話をする人々が多いので、そんなもったいない事はしません。 ちょうど今日も「珍客」と出会ってしまったのですが(といっても完全に一方的にぬすみ聞きしているだけですが)その事を、ちょうど連絡を取り合っていた姉に話してみたところ、「エッセイ集でも出せば」と言われたので、エッセイ集なんてのは私みたいな素人には無理なので、ちょっとしたイラストを載せて、出会った人々の事を書き残しておこうと思いました。なんて素直な妹なんでしょう。 そんな訳で、勝手に、こっそりと、不定期に「ぬすみ聞きブログ」なるものを始めようと思ったのです。 記念すべき第一人々、「訴える人々」は明日にでも更新してみようと思います。 あまり期待せず、ごゆ

237

ROOM237のために、「シャイニング」を観直してみました。 昔この映画を夜中に一人で観て、まだ若かった私は、あまりの恐怖に途中で止めてしまった。 続きは真っ昼間の、お母さんがキッチンでお昼ごはんの準備をしている時に観たのが懐かしい。 そうしないと、リビングの扉が開いて、血がドバドバと流れてくるんじゃないかって、 廊下に双子がいるんじゃないかって、風呂場からセクシーな女の人が出てくるんじゃないかって、 想像が止まらなかったので、平和で仕方ない時間に観るしかなかったのです。 ただ、大人になった今でも、やっぱり怖かった。 何が怖いって、音が怖い。ミュートで観れば、もしかしたらホームドラマに観えなくもない。 ゾンビだとか海外の幽霊(日本のはからっきしダメですが)だとかって全然大丈夫なのですが、なぜかこの映画はダメです。ただ昔とは違って怖くて止めることもなければ、ちゃんとあれこれ考えながら観れるようにはなりました。成長したみたいです。 ラストも知ってるし、どうなっていくかという流れもわかっていながらも、改めて観ると細かい部分の恐怖とかに鳥肌が立ってしまう。それとファッションと内装の素敵さにも鳥肌。ああ、なんて素敵なんだ!と。 当時は調べもしませんでしたが、あのホテル、今でも泊まれるんですもんね。今度行ってみないと。ただ、スキーなんて小学生以来やったことのない私なので、目的は迷路で泊まりに行きたい。もし冬に行ってしまったら、ジャックが後ろにいる気がしてしまうかもしれない。 ちなみに、あのホテルの内装のモデルはまた別にあるらしくって、そっちのホテルにも是非行ってみたいのですが、どうやら予約

© 2015 by Chiharu Nikaido